都城美術館で鹿児島 宮崎 霧島 阿蘇の芸術家によるアート展覧会とライブパフォーマンス

この記事は1分で読めます

都城の美術館にアートの神様が出現

都城市美術館である
南九州からのSINDOU 神動

アートパフォーマンスと展示会を
取材に行きました。

私が今まで見たことのない
創作書道家 みずさんと
霧島市隼人の熊襲の洞窟の壁画で有名な萩原貞行さんによる
アートパフォーマンス

目もくらむばかりの色彩で、神の愛を描く 水口 麿紀さん

畳1畳ほどはあろうかという大きな桜島の切り絵、
凛としたけなげさを感じる 黒丸玲奈さん

陶でつくったキミの悪いオブジェ、でも、なぜか
見ているとユーモラスで笑みがでてしまいますね

徳永陽祐

柔らかな愛と平和がテーマの西山貴倫さん

どの作家さんも鹿児島県、宮崎県、熊本県など
南九州で愛されている方たちばかりで、

あなたもつい応援したくなる人柄の方たちでした。

—————————

場所

都城市美術館

南九州からの「SINDOU 神動」

2014年4月29日から5月11日まで(5月7日は休館日)

9時から17時まで

お問い合わせ

都城市美術館 宮崎県都城市姫城町7-18
電話 0986-25-1447

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. DSCF3235
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。